ハートプレート

閉じる

セーブペットプロジェクト

マイクロチップ普及活動

動物の個体識別・所有者の明⽰について

マイクロチップ読取用ハンディーリーダー

マイクロチップ読取⽤ハンディーリーダー
(セーブペットプロジェクトの寄付金により寄贈)

動物の飼い主の⽅は、動物が⾃分の所有するものであることを明らかにすること(所有明⽰といわれています。)が、「動物の愛護及び管理に関する法律」により重要な責務であるとされています。
また、この所有明⽰の意義や役割については、関連する環境省告⽰のなかで動物の盗難及び迷⼦の防⽌や、万⼀、動物が迷⼦になった場合の飼い主発⾒を容易にすること等に役⽴つこと、また、その動物の責任の所在を社会に対して明らかにすることで、飼い主の⽅の意識をより⾼め、故意に動物を遺棄したり、逃がしてしまうことの未然の防⽌に役⽴てるものであると述べています。
このように「所有を明らかにする」ということは、現在飼われている動物に対する動物愛護等の⾯からの『動物への責任』を明らかにすること、そして動物を飼うことによる適正な管理等の⾯からの『社会への責任』を明らかにすることであり、動物を愛護し、⼈と動物が共⽣する社会を築くうえで⼤変重要なことであると考えます。
現在、動物が⾃分の所有するものであることを明らかにするための⽅法としては、⾸輪、名札等を動物に装着するなどの⽅法がありますが、①動物によって外されにくいもの、②⽼朽化等によって脱落したり消失するおそれのないもの、③飼い主の⽅の⽒名・連絡先等がかかれているもの等が必要になります。しかし、これらの⽅法は、⻑い期間における耐久性や脱落、記⼊されている⽂字の消失がおきる可能性があり、そのために環境省では、「マイクロチップ」を動物に埋込むことによる⽅法での所有明⽰を推奨しています。
この「マイクロチップ」による所有明⽰⽅法は、脱落、消失、書き換え等のおそれがほとんどないもので、動物にとっては半永久的な⽅法で飼い主の⽅との強い「絆」になるものになると考えます。

マイクロチップによる所有明⽰を⾏っていた結果、飼い主の元に戻ることができた動物の事例をご紹介します。

F県で3歳の雌猫が⾏⽅不明になり、3ヵ⽉後に飼い主の元に帰った例

⽣後4ヶ⽉でマイクロチップを埋込んだ猫が、3歳になった5⽉上旬のある⽇の夜に飼い主Aさん宅から外に出たまま⾏⽅不明となり、Aさん家族総出で近所を探したが⾒つからなか った。
あきらめかけていた8⽉の下旬に、動物病院から「マイクロチップ番号」を基にAさん宅に連絡があり無事に飼い主Aさんの元に帰った。この猫は、飼い主のAさん宅から約3km離れた場所でBさんに拾われ飼われていたが、その後Bさんがこの猫に不妊⼿術を受けさせるため動物病院に連れて⾏ったところ、その動物病院の獣医師がマイクロチップの埋込みの有無及びマイクロチップの番号の読取りを⾏い、読取った番号に基づき⽇本獣医師会のデータベースに照会し、飼い主Aさんがわかった。

寄稿:(社)⽇本獣医師会 四宮 勝之

注: マイクロチップを動物病院で動物に埋込むだけでは、万⼀の場合、飼い主の⽅への連絡等はできません。埋込まれたマイクロチップの番号、飼い主⽒名、住所、連絡先等の事項をデータ登録機関である(社)⽇本獣医師会に登録することが必要です(登録料1,000円の負担が必要です。)。
詳しくは日本獣医師会のサイトをご覧ください。
http://nichiju.lin.gr.jp/aigo/microchip04.html

幸せなペットを増やすために

セーブペットプロジェクト

トップページへ