ハートプレート

閉じる

セーブペットプロジェクト

マイクロチップとは?

犬や猫の「迷子札」 マイクロチップ

マイクロチップ

マイクロチップ

日本獣医師会は、動物愛護活動の一環として、動物愛護団体と連携し、マイクロチップ(以下「MC」と呼びます。)による動物個体識別の普及推進とデータ管理を行っています。MCとは、簡単にいうと、動物の体に埋め込むタイプの迷子札のようなもの。従来の迷子札は、名前が消えたり、脱落したりしてしまうことがありますが、MCは一度埋め込むと一生交換の必要がありません。MCの大きさは直径2mm、⻑さ約11mm。獣医師によりペットの体に埋め込まれます。 MCの埋め込みは、一般的な注射とほとんど変わらないため、動物に負担やストレスがかからず、様々な試験により安全性も確認されています。
MCの中には、その動物だけに与えられた世界でただ一つの15ケタの番号が記録されており、その番号を日本獣医師会のデータベースに照会することにより、飼い主の住所や電話番号などを知ることが可能です。MCを埋め込まれた動物が、たとえ迷子になったり、災害・事故等で飼い主と離ればなれになったりしても、専用のリーダーで瞬時に番号を読み取り、身元の確認ができます。
MCの普及により、一度動物愛護センターに預けられた犬や猫が無事に飼い主の元に戻ることができたという嬉しいニュースが増えてきています。わが国では、継続するペットブームと同時にペットの社会化が進み、人間と動物の共生の大切さに関する認識が進む裏側で、年間17万頭にも及ぶ犬や猫の殺処分という問題を抱えています。これらの殺処分される犬や猫の頭数を減少するためにも、更なるMCの普及が望まれています。

幸せなペットを増やすために

セーブペットプロジェクト

トップページへ