ハートプレート

閉じる

セーブペットプロジェクト

寄付金について

寄付金について

セーブペットプロジェクトは、寄付金を3つの団体へ贈与しています。

ZENOAQ 日本全薬工業株式会社 MERIAL メリアル・ジャパン株式会社 ONE BRAND 寄付金:400万円(2012年実績)  WANWAN パーティクラブ 寄付金:400万円 (2012年実績) 社団法人 日本獣医師会  寄付金:200万円(2012年実績)ZENOAQ 日本全薬工業株式会社 MERIAL メリアル・ジャパン株式会社 ONE BRAND 寄付金:400万円(2012年実績)  WANWAN パーティクラブ 寄付金:400万円 (2012年実績) 社団法人 日本獣医師会  寄付金:200万円(2012年実績)

※2013年より、動物保護団体への寄付金はNPO法人アニマル・ドネーション(アニドネ)が行います。

詳しくはこちらをご覧ください。

寄付金の使途

マイクロチップの普及活動

マイクロチップマイクロチップ

迷子になった犬や猫が保健所などに持ち込まれて処分されてしまうケースは少なくありません。飼い犬・飼い猫にマイクロチップを埋め込み、飼い主のデータを(社)日本獣医師会へ登録することによって、万が一離ればなれになるようなことがあっても無事飼い主の元へ戻ってくる確率が高まります。セーブペットプロジェクトから日本獣医師会へ行われた200万円の寄付金は、マイクロチップの読み取りに必要なリーダーの購入資金へ充てられます。

保護された犬や猫の健康管理

アニドネを通じて、提携する動物保護団体へ寄付を行います。動物保護団体は、保健所や動物愛護センターなどから保護した犬や猫の医療費についてかかった分だけをアニドネに申請し、アニドネの確認を経て支給されます。寄付金により助かった犬や猫のご紹介は随時Webサイト上で行ってまいります。

寄付金の使用状況はこちら

ONE BRAND 保護した犬や猫の医療費として使った分を申請 申請に基づき支払い 各団体ONE BRAND 保護した犬や猫の医療費として使った分を申請 申請に基づき支払い 各団体

東日本大震災で被災した犬およびシェルターのサポート

特定非営利活動法人ワンワンパーティクラブによる以下の活動への寄付

  • 1. 東日本大震災により、愛犬を連れて避難された飼い主様のための愛犬の一時預かりサービス
  • 2. ワンワンパーティクラブ運営のしっぽネット西東京センターの経費

寄付金の使途報告はこちら

セーブペットプロジェクト

トップページへ