ハートプレート

閉じる
  • TOP
  • SFTS(重症熱性血小板減少症候群)について

SFTS(重症熱性血小板減少症候群)について

ダニ(マダニ)が媒介するとされるSFTS(重症熱性血小板減少症候群)で、複数の方が亡くなったという報告がありました。
このページでは、SFTSについての情報をご提供いたします。
正しい知識を得ていただくことで、飼い主様とペットの安全・安心の一助となれば幸いです。

SFTS(重症熱性血小板減少症候群)について

SFTSとは(原因・症状)

原因:SFTSウイルスに感染することです。ウイルスを保有しているマダニに咬まれることにより感染すると言われています。また、人から人への感染は認められていますが、動物から人への感染については報告されておりません。
潜伏期:6日~2週間

SFTSとは(原因・症状)

主な症状
発熱、消化器症状(食欲低下、嘔気、嘔吐、下痢、腹痛)。また、頭痛、筋肉痛、意識障害や失語などの神経症状、リンパ節腫脹、皮下出血や下血などの出血症状が起きることもあります。

SFTSとマダニ

現在までにわが国でSFTSを媒介したとされるマダニは、フタトゲチマダニ、ヒゲナガチマダニ、オオトゲチマダニ、キチマダニ及びタカサゴキララマダニが確認されています。マダニには多くの種類が存在し、他にどの種類のマダニが感染源となるか、またウイルスの保有率などより詳細な実態は現在調査中です。 日本を中心に感染が報告されており、さらにマダニの活動期である春から秋にかけて多くの発生が認められています。

SFTSとマダニ

飼い主様が気をつけること

  • 散歩の際に山野や草むらに入る場合は、長袖長ズボン、帽子を着用するなど肌の露出をさけ、マダニに咬まれないようにしましょう。
  • 散歩から帰った際には、人間・犬猫ともにマダニに咬まれていないかチェックしましょう。
  • 犬猫の場合、被毛の薄い目・鼻・耳・指の間などを重点的に観察してください。
  • もしも咬まれていた場合は無理に引き抜こうとせず、医師(皮膚科)・獣医師の診察を受けましょう。
  • ご自身が咬まれた場合、数週間は体調の変化に注意をして発熱等の症状が現れた場合は医療機関を受診しましょう。

飼い主様が気をつけること 飼い主様が気をつけること

ペットにマダニが寄生するのを防ぐために

動物病院でフロントライン プラス、サーチフェクトなどの適切な駆除薬を処方してもらい定期投与を行いましょう。あらかじめフロントライン、フロントライン プラスあるいはサーチフェクトを投与しておけば、マダニが付着しても48時間以内に概ね死んでしまいます。(※マダニの付着自体を防ぐことはできません)

春から秋のマダニ活動期には、草むらでの散歩はできるだけ避けましょう。

マダニについて

トップページへ