ハートプレート

閉じる
2013年10月の記事一覧

2013年のセーブペットプロジェクト。2013.10.31 12:00

早いもので今年もあと2ヶ月となりました。
セーブペットプロジェクト、今年の活動を振り返りたいと思います。


今年はなんと言っても、4月に公開された映画「ひまわりと子犬の7日間」とのタイアップが印象的でした。
下半期の話題をさらったドラマ「半沢直樹」の堺雅人さん主演の映画は、冒頭から涙腺をこじあけられる作品でした。
映画が一貫して伝えるメッセージ「命の大切さ」は、私たちの活動とつながり、たくさんの方にご支持いただきました。
本当にありがとうございました。


年間を通じてご紹介してきたのは、「セーブペットプロジェクトで新しい家族にめぐり逢ったワンちゃん・猫ちゃん」でした。


それぞれの事情で、それぞれの家族のもとにやってきた、それぞれのペットたち。
でも、どの子たちも一様に幸せそうな姿に毎回原稿をチェックしながら和んでいます。
こんな子たちがもっともっと増える世の中になりますように。

こちらはあと2回の更新予定です。お楽しみに!


今年から、動物愛護団体様への寄付金の管理はNPO法人「アニマル・ドネーション(アニドネ)」様にお願いすることになりました。
アニドネは日本初の動物関連に限定したオンライン寄付サイトです。
ご報告の記事はこちらから→http://frontlineplus.marru.info/blog/2013/10/index.php
アニドネとさらに強いタッグを組んで、私たちの目標である「犬猫の殺処分数低減」に向けて前進していきたいと思います。


アニドネの他に、寄付金は例年通り「日本獣医師会(※)」「NPO法人ワンワンパーティクラブ」へ贈呈させていただきました。
寄付金の使途報告はこちらからご覧ください

※日本獣医師会への贈呈セレモニーは10/26の「動物感謝デー」で行う予定でしたが、悪天候のためイベント自体が中止になりました。
贈呈の様子はあらためてご報告いたします。


-----------------------


このエントリーをもちまして、本年のセーブペットプロジェクトの活動はいったんお休みとさせていただきます。また来年の活動にご注目ください。
ツイッターも10月末でサイトの更新のお知らせなどを除き、お休みに入ります。


2013年もたくさんのご支持をありがとうございました。
来年も、フロントラインとセーブペットプロジェクトをどうぞよろしくお願い申し上げます。


プロジェクトチーム 一同




ノミ・マダニ対策・犬フィラリア症 定期投与を忘れないために メリアル投薬日お知らせサービスノミ・マダニ対策・犬フィラリア症 定期投与を忘れないために メリアル投薬日お知らせサービス

「ありがとう」。46の物語2013.10.30 11:36

セーブペットプロジェクトを共同運営しているゼノアック日本全薬工業(株)が開催した「ゼノアック動物感謝の手紙コンテスト」へ応募された作品が、「『ありがとう』。46の物語」という本になりました。


「日頃触れあっている動物たちに感謝の手紙を書こう」というテーマでこれまで3回のコンテストが行われてきましたが、これまでの応募作品から46点をまとめたものです。

どれも人と動物のあたたかい触れあいが伝わってくる素敵な作品ばかりです。
ぜひ、お手にとってご覧ください。
出版社のサイトへ

コンテストは第4回目の募集が始まっています。みなさんも、応募してみてはいかがですか?
応募要項(ゼノアックのサイトへ)




ノミ・マダニ対策・犬フィラリア症 定期投与を忘れないために メリアル投薬日お知らせサービスノミ・マダニ対策・犬フィラリア症 定期投与を忘れないために メリアル投薬日お知らせサービス

サイトリニューアルのお知らせ2013.10.18 11:26

フロントラインプラスのWebサイトが10/18リニューアル予定です!

スマートフォンやタブレットでも快適にご覧いただけるデザインになっています。

今後とも、当社ウェブサイトをご愛顧のほどよろしくお願い申し上げます。

ノミ・マダニ対策・犬フィラリア症 定期投与を忘れないために メリアル投薬日お知らせサービスノミ・マダニ対策・犬フィラリア症 定期投与を忘れないために メリアル投薬日お知らせサービス

【お知らせ】寄付金の窓口を「アニマル・ドネーション」に変更いたしました2013.10.11 12:00

セーブペットプロジェクト(SPP)では、「フロントライン」の売り上げの一部を保護犬・猫の医療費として寄付しています。2013年4月より、この寄付の窓口を一般社団法人「アニマル・ドネーション」(アニドネ)に変更いたしました。

寄付先となる動物保護団体はこれまでと変わらず、寄付金の使途報告につきましても、これまでと同様にセーブペットプロジェクトのブログなどを通して行ってまいります。


◆「アニマル・ドネーション」とは

2011年9月にオープンした、日本初の動物関連に限定したオンライン寄付サイトです。
「寄付金額のオンライン表示システム」を採用しており、サイトにアクセスすれば、誰でも寄付金の総額を確認することができます。

また、2012年4月には、世界最大級の動物福祉団体である「ヒューメイン・ソサイエティー・インターナショナル(Humane Society International, HSI)」から、日本の動物関連の寄付団体として認定を受け、10万ドルの寄付(義援金)を使い、被災地支援を行った実績があります。


◆「アニマル・ドネーション」代表・西平衣里さんからコメントが届きました!

SPPは、愛犬の健康のためにフロントラインを購入することが、飼い主のいない動物の健康や幸せにつながるという、とても素晴らしい仕組み。もっと多くの方々にSPPについて知ってほしいと思います。
(中略)
今後の目標は、「動物たちのために何かしたい」と願う人たちのネットワークをどんどん広げていき、アニドネの活動を全国規模に育てることです。そしていずれは日本に寄付文化・ボランティア文化を日本に根付かせること。人と犬が幸せに共生できる社会を目指して、頑張っていきたいと思います!


◆寄付金贈呈式の様子

8月27日(火)に行われた、寄付金贈呈式の様子です。


merial_1310_anidone.jpg
左より、(株)One Brand 松原氏、アニドネ 西原氏、
メリアル・ジャパン(株)永田、日本全薬工業(株)渡辺部長


今後もセーブペットプロジェクトは、殺処分数の低減を目的とし、新しい家族を探す犬や猫たちのために寄付を続けていきます。


「フロントライン」の処方は、ぜひお近くの動物病院で!
みなさまのご協力を、よろしくお願いいたします。

ノミ・マダニ対策・犬フィラリア症 定期投与を忘れないために メリアル投薬日お知らせサービスノミ・マダニ対策・犬フィラリア症 定期投与を忘れないために メリアル投薬日お知らせサービス

セーブペットプロジェクトが、ペット新聞「sippo」に掲載されました。2013.10.02 12:00

朝日新聞の夕刊とともに配布されているペット新聞「sippo」にて、セーブペットプロジェクトをご紹介いただきました。保護犬にまつわるさまざまなエピソードを紹介する「保護犬シンデレラ・ストーリーズ」のコーナーです。


今回は、保護"猫"のくうたろうと飼い主の和田さんのお話。
もともと猫を飼っていた和田さんは、また猫と暮らしたいと思い保護猫を探していたところ、くうたろうと出会いました。


臆病で人見知りのくうたろうは、はじめは近寄ってくることもせず、食べているところさえ見せなかったそうです。それでも根気よく接したおかげで、今ではすっかり和田さんご夫婦に懐き、一度慣れると年がら年中まとわりついてくるようになったとか。


くうたろうがやってきてから、家の中の空気が変わり、ご夫婦で笑いあうことも増えた、と和田さん。
「長く、元気に過ごしてもらいたいですね」と語ります。


▼朝日新聞様のご厚意で、「sippo」の紙面の掲載許可をいただきましたので、ぜひご覧ください!
※画像をクリックすると、大きい画面でご覧いただけます。PDFはこちらから。



毎日毎日、さまざまな事情でたくさんの犬や猫が捨てられ、殺処分されています。
そんな命を、ひとつでも多く救いたい。それがフロントラインの「セーブペットプロジェクト」です。


*動物病院で処方された「フロントライン」の売り上げの一部は、
 セーブペットプロジェクトを通じて、飼い主のいない犬や猫たちのために役立てられています。

ノミ・マダニ対策・犬フィラリア症 定期投与を忘れないために メリアル投薬日お知らせサービスノミ・マダニ対策・犬フィラリア症 定期投与を忘れないために メリアル投薬日お知らせサービス
トップページへ
  • ノミ・マダニ対策・犬フィラリア症 定期投与を忘れないために メリアル投薬日お知らせサービス
  • 最寄りの病院へ 動物病院検索
  • TVCM
  • フロントライ ン カルドメックへのお問い合わせは 0120-499-419
  • 飼い主のいない動物たちへの、愛情の証です。セーブペットプロジェクト
  • ノミ・マダニ対策・犬フィラリア症 定期投与を忘れないために メリアル投薬日お知らせサービス
  • 最寄りの病院へ 動物病院検索
  • TVCM
  • フロントライン カルドメックへのお問い 合わせは 0120-499-419お電話の前にFAQを見る