ハートプレート

閉じる
2012年11月の記事一覧

セーブペットプロジェクト・2012年を振り返って。2012.11.22 14:00

早いもので今年もあと残すところ2ヶ月を切りました。
今年のSPPの活動を、フロントライン プラスの活動と共に振り返ってみたいと思います。


【3月】
昨年に引き続きWANWANパーティクラブへ400万円の寄付をいたしました。
http://frontlineplus.marru.info/blog/2012/03/23/511.php

三浦代表を始めスタッフの皆様は、東日本大震災で被災した飼い主様、犬たちのサポートのために今も精力的に活動を続けていらっしゃいます。
活動の詳細、寄付金の使途はこちらで報告をしております。



【4月】

フロントライン プラスの新しいCMが登場!バーニーズマウンテンドッグの「Dr. ワンダフル」がノミ・マダニ対策のために立ち上がりました。
動画はこちらから!

また、サイトを一部リニューアル。
「3.11を忘れない」「動物愛護管理法について」が加わり、殺処分問題や防災への心構えなどをわかりやすくお伝えするコンテンツを追加いたしました。
3.11を忘れない 
動物愛護管理法について


【5月】
全国の提携ドッグカフェなどでハートプレートを提示すると割引などのサービスを受けられる「ハートプレートキャンペーン」が始まりました。

正しいノミ・マダニ対策を行っているという自分のペットへの愛情の証であるハートプレート。
それは同時に、飼い主に恵まれない犬や猫への愛情の証ともなっています。
ハートプレートキャンペーンは、2013年さらにパワーアップする予定です。ご期待ください!


【6月・7月】
東京および福島でアニマルシェルターセミナーが開催されました。
東京でのようす
福島でのようす



【8月】
グループ会社の仲間たちと、長野県動物愛護センター「ハローアニマル」へ見学に参りました。
http://frontlineplus.marru.info/blog/2012/08/31/572.php

また、寄付金400万円をOneBrandへ贈呈し、OneBrandを通じて各動物愛護団体へ医療チェック費のサポートを行いました。
http://frontlineplus.marru.info/blog/2012/08/14/567.php


【9月】
恒例となりましたツイッター連動募金を行いました。今年は動物愛護週間に合わせて9月20日~26日に開催し、合計でXX円となりました。皆様のお気持ちは、10月6日の動物感謝デーでの募金と共に、10月20日に福島県動物救護本部へお渡ししてまいりました。


また、音楽の祭典Happy Music Festaへ参加しました。ここでの新しい出会いが、10月の福島県動物救護本部でのボランティア活動へとつながっていきました。
http://frontlineplus.marru.info/blog/2012/09/28/576.php

さらに、がん患者さんや元患者さん、ご家族や仲間の皆さんと共に病気と闘い生きていく勇気・希望をつなぐ「リレー・フォー・ライフ(RFL)」というウォークラリーイベントに参加いたしました。
全国各地で行われるこのイベントのうち、川越、芝公園(芝公園は10月)へお邪魔いたしました。SPPの寄付先のひとつである「ちばわん」さんのご協力のもと、保護犬・元保護犬たちと、イベント参加者とが一緒に歩くというアニマルセラピー企画を催し、ご好評をいただきました!
川越レポート 
芝公園レポート


【10月】
One Love Walk代官山へ参加いたしました。浅田美代子さんはじめ著名人の方とともに、殺処分問題、そして保護犬と暮らす喜びについて一般のみなさまにアピールする機会となりました。
http://frontlineplus.marru.info/blog/2012/10/05/578.php

恒例となった動物感謝デーでは、日本獣医師会への寄付金200万円の贈呈を行い、引き続きマイクロチップの普及支援を行っています。
http://frontlineplus.marru.info/blog/2012/10/12/585.php


さらに、福島県三春町にあるアニマルシェルターで2日間にわたるボランティア活動を行い、震災の影響で飼い主と離ればなれで暮らしている犬や猫たちのお世話をしてまいりました。
http://frontlineplus.marru.info/blog/2012/10/24/589.php


-------------------

今年も様々な活動や新しい取り組みを行って参りました。

環境省によれば、平成22年度の犬猫殺処分数は約20万頭。
http://www.env.go.jp/nature/dobutsu/aigo/2_data/statistics/dog-cat.html

私たちがセーブペットプロジェクトを始めた時に参照していた平成19年のデータ・28万頭から比べると随分減ったように思います。しかし、まだ20万頭もの小さな命が失われているという事実は変わりません。
今後も「できることがある・できることから始める」を合い言葉に、身近なところからこの問題について行動を起こしていきたいと思います。

2012年の活動は、これでひとまず終了となります。今年も応援いただきありがとうございました。
来年の活動再開まで、ブログ・ツイッターは更新頻度が落ちますことをご了承ください。
2013年もセーブペットプロジェクト、そしてフロントライン プラスをどうぞよろしくお願い申し上げます。

セーブペットプロジェクト 
チーム一同

ノミ・マダニ対策・犬フィラリア症 定期投与を忘れないために メリアル投薬日お知らせサービスノミ・マダニ対策・犬フィラリア症 定期投与を忘れないために メリアル投薬日お知らせサービス

募金へのご協力ありがとうございました。2012.11.12 15:40

9月の動物愛護週間に行ったツイッター連動募金(74,930円)と、
10月6日の動物感謝デーにて来場者の皆様からお預かりした募金(20,410円)の合計95,340円を先日福島県のシェルターにボランティアに行った際に「福島県動物救護本部」へ寄付金としてお渡しして参りましたのでご報告いたします。


あらためて、たくさんの方のご参加・ご協力に厚く御礼申し上げます。
ボランティアの様子はこちらからご覧ください。




miharu.jpg
福島県動物救護本部長・森澤先生(左)とSPPプロジェクトリーダー・マー美奈

ノミ・マダニ対策・犬フィラリア症 定期投与を忘れないために メリアル投薬日お知らせサービスノミ・マダニ対策・犬フィラリア症 定期投与を忘れないために メリアル投薬日お知らせサービス

NPO法人WANWANパーティクラブ代表 三浦健太さんの書籍紹介2012.11.08 12:00

愛犬と一緒に暮らしていくうえで、愛情や信頼関係はもちろんのこと、「しつけ」はもっとも大切な要素のひとつ。しかし、この「しつけ」に関する悩みを抱える飼い主さんも多のではないでしょうか。
「咬み癖が直らない」「無駄吠えが多い」「コマンドをなかなか覚えない」こんな悩みを解決するため、しつけ教室に通ったり、トレーナーさんをつけたりする方もいらっしゃると思います。


そこで本日は、我々の寄付先のひとつNPO法人WANWANパーティクラブ代表・三浦健太さんの著作をご紹介。犬の飼い方を指導して19年になる三浦さんが、「しつけ」のノウハウや、主催するイベントを通じて体験したエピソードなどを余すことなく綴っています。飼い主と愛犬の絆をより深くする三冊です。ぜひ読んでみてくださいね!


犬の頭がグングンよくなる育て方--あなたの愛犬は素晴らしい能力を持っている!(PHP文庫)
咬み癖、無駄吠え、引っ張り癖など、なかなか直らない犬の問題行動で悩んでいませんか?
愛犬ライフが激変する本として、犬の「しつけ」本としては異例のロングセラーとなった書籍が、ついに文庫版で登場。「咬み癖は下あごをつかんで叱る」「無駄吠えには、吠えないことがいかにいいことかを教える」など、エサや道具を一切使用することなく、短時間で飼い主と愛犬の心が通い合うノウハウが満載です。


笑顔のぶんだけ賢くなる!愛犬の個性を伸ばすしつけの本(駒草出版)
愛犬の問題行動の原因は、実は飼い主にある?愛犬家が陥りがちな失敗例を紹介し、その解決方法を伝授。"人間側の行動を正せば、愛犬が名犬になる"という独自の方法論から、画期的な愛犬の育て方を徹底的にアドバイスしています。「何をしてもいうことを聞いてくれない」「このしつけ方で合ってるのかな?」と日々不安を感じている飼い主さんにオススメです。


犬のこころ 犬のカウンセラーが出会った11の感動実話(角川書店)
「NPO法人WANWANパーティクラブ」で主催する数々のイベントやセミナーを通じて、三浦さんが実際に見聞きした感動のエピソード集。飼い主と愛犬の心温まる実話は、読んでいるだけで今よりもっと自分の愛犬が愛しくなるようなお話ばかり。犬を愛する人なら、ついついホロリときてしまうと思います。


悲しいことに、こうしている今でも「問題行動を起こすから」「しつけがうまくいかないから」と、それだけの理由でどこかで捨てられている犬がきっと存在します。
愛犬を誰からも愛されるような社会的な犬に育てるためには、根気よく「しつけ」を続ける、飼い主の愛情が不可欠です。現状の「しつけ」に不安を抱いている方、今よりもっと愛犬との信頼関係を深めたい方は、ぜひ三浦さんの著作に触れてみてください。

ノミ・マダニ対策・犬フィラリア症 定期投与を忘れないために メリアル投薬日お知らせサービスノミ・マダニ対策・犬フィラリア症 定期投与を忘れないために メリアル投薬日お知らせサービス

モデル犬!2012.11.01 11:25

セーブペットプロジェクトでは、今年5月~8月にかけてONE BRANDの表紙にさせていただくワンちゃんを募集していました。
多くの飼い主様にハートプレートまたはハートプレート付のエコバッグと一緒に撮影した愛犬の写真をお送りいただきました。


この場を借りてご応募いただいた方に感謝致します。本当にありがとうございました!


社内での投票の結果グランプリに選ばれたのは、ミックスの双子カイくんとマリンちゃんです。

marine_kai_02.JPG
撮影の様子

表紙用の撮影中、カイくんとマリンちゃんはプロのモデルさんかと思うほど、本当に長い時間いい子にしていてくれただけでなく、様々なポーズを披露してくれました。

表紙に選んだ写真は2匹の深い結びつきが感じられる愛情たっぷりの1枚です。

本日配布開始です!是非ご覧くださいね。

ONE BRANDは全国のドッグカフェやレストラン、その他のペット関連施設に設置されています。

設置場所はこちらをご覧ください。



取材中に飼い主様にお話を伺いました。
カイくんとマリンちゃんは海岸に捨てられていた子達だったそうです。

ご主人が自宅に連れ帰り、里親募集をかけていたのですが、共に暮らすうちにすでに手放せない存在になり、一生面倒を見て行こうと決心したのだそうです。

海岸で拾った日に2匹の耳にはマダニがうじゃうじゃ寄生していたそうです。気持ち悪いだけでなく、犬の血も吸い、そして病気までもらってしまう可能性のあるマダニがそんなに多く寄生しているのを目の当たりにしてから、毎月のフロントライン プラス投与はかかせませんと飼い主様。


フロントライン プラスがお役にたっているという、大変うれしい、そしてとても頼もしいお話を聞かせていただきました。

マダニは1年を通して活動しますが、特に春と秋には寄生が多くなります。
秋も深まり、ずいぶんと涼しくなりました。マダニの要注意シーズンです!皆様も対策をお忘れなく!

マダニについてもっと詳しく(メリアルの飼い主様向けサイト「Merial Club」が開きます)


プロジェクトリーダー マー美奈

marine_kai_01.JPG
OneBrand 42号は本日より配布開始!
ノミ・マダニ対策・犬フィラリア症 定期投与を忘れないために メリアル投薬日お知らせサービスノミ・マダニ対策・犬フィラリア症 定期投与を忘れないために メリアル投薬日お知らせサービス
トップページへ
  • ノミ・マダニ対策・犬フィラリア症 定期投与を忘れないために メリアル投薬日お知らせサービス
  • 最寄りの病院へ 動物病院検索
  • TVCM
  • フロントライ ン カルドメックへのお問い合わせは 0120-499-419
  • 飼い主のいない動物たちへの、愛情の証です。セーブペットプロジェクト
  • ノミ・マダニ対策・犬フィラリア症 定期投与を忘れないために メリアル投薬日お知らせサービス
  • 最寄りの病院へ 動物病院検索
  • TVCM
  • フロントライン カルドメックへのお問い 合わせは 0120-499-419お電話の前にFAQを見る