ハートプレート

閉じる
2011年11月の記事一覧

寄付金使途報告12011.11.21 09:00

本年、ONELOVEドネーションプログラムを通じてセーブペットプロジェクトの寄付金から医療チェックを受けた子たちの報告第1弾が届きましたのでここにご報告いたします。

ご報告いただいた団体様(括弧内は使用した金額と頭数)・2011年9月1日~9月30日

NPO法人 しっぽの仲間(13,500円/3頭)
Wonderful dog(53,000円/6頭)→新たにONE LOVEドネーションプログラムの寄付先として追加されました。
NPOアニマルレフュージ関西(383,041円/85頭)

合計449,541 円が94頭の犬や猫の医療チェック費用として使われました。


写真も一部ご紹介いたしますね。この子たちに一日もはやく新しい家族を!

★しっぽの仲間★

ジュン(血液検査等)
jun.jpg

ミーちゃん(検便等)
mi-chan.jpg

★Wonderful Dogs★

LUNA(フィラリア抗原検査・混合ワクチン等)
LUNA.jpg

ジェリー(混合ワクチン・血液検査)
Jelly.jpg

★ARK★

たー坊(マイクロチップ)
ta-bou.jpg


コンブ(ワクチン、検便、避妊手術等)
Konbu.jpg

ノミ・マダニ対策・犬フィラリア症 定期投与を忘れないために メリアル投薬日お知らせサービスノミ・マダニ対策・犬フィラリア症 定期投与を忘れないために メリアル投薬日お知らせサービス

2011年セーブペットプロジェクト活動報告まとめ-22011.11.12 13:45

まとめ1はこちら


年間を通じて、わたくしたちは殺処分問題への取り組みとして、不妊手術やマイクロチップ装着などを推進すると共に、殺処分の現状をツイッターやブログ、そして私たちのウェブページ上から、問題提起してきました。詳しくは、「殺処分問題の「今」」をご覧ください。


また、マイクロチップリーダーの普及に努め、購入資金の寄付などをメリアル・ジャパン株式会社とゼノアック日本全薬工業株式会社より行いました。
マイクロチップについてくわしくはこちら


各自治体からも、殺処分問題への取り組みが実を結び始めているとのニュースが入ってきています。国・自治体・多くの方がこの問題に向き合い、幸せなペットを増やすために一つ、一つ歩んでいる事を感じます。




SPPの活動2年目が終わろうとしております。
今年は、震災と言う国難があり、様々な事を学び、考えらさせられた1年でした。


プロジェクトの主旨にご賛同いただいた動物病院の先生方、
取材に応じてくださった団体・個人の皆様、
そしてイベントやツイッターでお話させていただいたペットオーナーの皆様、
この場を借りて、皆様へ御礼申し上げます。


本日のブログにて当ブログは以降不定期更新となります。
今後は、皆様へご連絡するニュース(寄付金によって助かった犬や猫についてのご報告等)があり次第の更新とする予定です。
また、たくさんのご支持を頂いているツイッターアカウントも暫くの間お休みさせていただきます。


今年の活動は、一旦終息となりますが、来年も活動は継続していく予定でございますので、またぜひご支援いただきますようお願い申し上げます。


セーブペットプロジェクト チーム一同


ノミ・マダニ対策・犬フィラリア症 定期投与を忘れないために メリアル投薬日お知らせサービスノミ・マダニ対策・犬フィラリア症 定期投与を忘れないために メリアル投薬日お知らせサービス

「ボランティア及び受け入れる側が学ぶべきこと」2011.11.08 10:42

10月29日、さわやかな秋晴れの中、仙台で行なわれた掲題のセミナーへ参加して参りました。

前の週に行なわれた東京のセミナーが参加者120名を超える大盛況だったのに続き、仙台でも椅子を追加するほどで定員80名の熱気に包まれた1日でした。


主催の公益社団法人・日本動物福祉協会の山口先生によれば、通常無料のセミナーだと当日キャンセルがたくさん出るところが、今回はそれがとても少なかったということで参加者の皆さんの意識が高い充実したセミナーを期待されていたことが伺えました。


講義は田中亜紀先生、水越美奈先生おふたりで3時限。まずは田中先生から「ボランティアプログラムを始めよう!」と題して、主にボランティアを受け入れる立場の皆さんに向けて、ボランティアの方々の意欲を効果的に活かすことで、施設の効率を最大限に上げるための手順を体系的にまとめた内容をご講義いただきました。


モチベーションの維持方法や教育システムの設定の仕方など、ボランティアさんを受け入れる組織だけではなく、一般的に組織を運営していくにあたっても参考になる内容だったように思います。


一旦休憩を挟んで午後からは水越先生による「シェルターにおける行動学入門」の講義です。先生の飼い犬・飼い猫(こちらでざっと数えたところ6頭いましたが、すべて保健所や捨て猫・捨て犬出身だそうです)の写真やエピソードを交え、動物のボディランゲージを読む方法をお教えいただきました。


印象的だったのは、犬や猫の「社会化」についてのトピック。犬や猫が可愛いからと「ハグ」をする行為は、十分に社会化されていない犬猫にとってはストレスになるそう。「ハグ」「抱っこ」はもともと人間、あるいはサルが気持ち良いと思う行動であり、それをそのまま犬猫には適用できないということなのだそうです。ハグという行為が気持ち良いものだと犬や猫に教えるということは、社会化における大事なステップのひとつだといえそうです。

そして最後の時限はふたたび田中先生が登壇し、「シェルターでボランティア」のトピックです。今度は実際にボランティアに行く方のための基本的な心構えについてお話頂きました。
病原体を運ばないための衛生管理を始めとして、動物の譲渡率を上げるためにボランティアの果たす役割について、アメリカでの成功例を交えてお話をいただきました。


参加者は獣医師の先生方、自治体の方など多岐にわたり、最後の質疑応答では危うく時間オーバーになるくらいたくさんの質問が挙げられ、真剣に取り組んでいる皆さんの姿がとても印象的でした。

このセミナーは、第2回が12/17に東京で開催されることが決定致しました。
詳細はこちらからご覧ください。第1回目の終了時に募集したところすでに40名ほどの方が参加を表明しているそうですので、お早めにお申し込みください。

ノミ・マダニ対策・犬フィラリア症 定期投与を忘れないために メリアル投薬日お知らせサービスノミ・マダニ対策・犬フィラリア症 定期投与を忘れないために メリアル投薬日お知らせサービス

ペット写真でムービーを作ろう! グランプリ作品の紹介2011.11.02 13:43

フロントライン「愛情の証」キャンペーンサイトにて、愛犬・愛猫との素敵な思い出写真をつなげ、平原綾香さんの素晴らしい歌声をバックに作られた動画。


この中からメリアル・ジャパンが選んだ最優秀ムービーが
ペットのためのフリーマガジン『ONE BRAND Vol.36』誌上で発表されました!


そのグランプリ作品を、このブログでも紹介させていただきたいと思います。


グランプリ作品はこちら!


blog20111102_01.png

グランプリ作品の動画をご覧になる場合はこちらをクリック



グランプリ作品以外にも、素敵な愛犬・愛猫のムービーが作られております。
是非、こちらのサイトよりご覧になってみてください。
http://movie.frontlineplus.marru.info/movie/


また、フリーマガジン『ONEBRAND Vol.36』は、11月1日より、ドッグカフェ等で配布されております。主な設置店様については、ONEBRAND.jpサイト内にてご案内しております。


お近くの設置店様にお立ち寄りの際には、是非『ONE BRAND』をご覧になってみてください。

ノミ・マダニ対策・犬フィラリア症 定期投与を忘れないために メリアル投薬日お知らせサービスノミ・マダニ対策・犬フィラリア症 定期投与を忘れないために メリアル投薬日お知らせサービス
トップページへ
  • ノミ・マダニ対策・犬フィラリア症 定期投与を忘れないために メリアル投薬日お知らせサービス
  • 最寄りの病院へ 動物病院検索
  • TVCM
  • フロントライ ン カルドメックへのお問い合わせは 0120-499-419
  • 飼い主のいない動物たちへの、愛情の証です。セーブペットプロジェクト
  • ノミ・マダニ対策・犬フィラリア症 定期投与を忘れないために メリアル投薬日お知らせサービス
  • 最寄りの病院へ 動物病院検索
  • TVCM
  • フロントライン カルドメックへのお問い 合わせは 0120-499-419お電話の前にFAQを見る