ハートプレート

閉じる
  • TOP
  • ブログ

ブログ

ブログ

セーブペットプロジェクト、愛情の証キャンペーンに関する活動報告や情報発信をしていきます。

SFTS(重症熱性血小板減少症候群)情報2013.11.28 10:00

マダニが媒介するとされるSFTSについて、情報が更新されしだいこちらのブログで更新して参ります。

なお、疾病そのものや対策についてはこちらのコンテンツをご覧ください。

こちらでは、主に統計情報等を掲載して参ります。

12月18日:マダニの写真を差し替えました。(写真提供:猪熊壽先生)

----------------------------------------

2013年11月25日時点の情報です。

SFTSウイルスの分離が確認されたマダニ

フタトゲチマダニ
ヒゲナガチマダニ
オオトゲチマダニ
キチマダニ
タカサゴキララマダニ フタトゲチマダニ

フタトゲチマダニ
タカサゴキララマダニ
タカサゴキララマダニ

(厚生労働省研究班の調査による)


■中国、四国、近畿及び中部地方(9 自治体)内のいくつかの地点について調査したところ、採取されたマダニ 11 種のうち、 複数のマダニ種(フタトゲチマダニ、ヒゲナガチマダニ、オオトゲチマダニ、キチマダニ及びタカサゴキララマダニ)から、SFTSV 遺伝子が検出されました。

■また、これらの SFTSV 保有マダニは、既に患者が確認されている地域(島根、山口、徳島、高知、兵庫県)だけではなく、 患者が報告されていない地域(近畿:和歌山県、中部:福井、山梨、静岡県)においても確認されました。 (出典:IASR速報(第一報)2013/8/29)

 

都道府県ごとの患者の概要 都道府県ごとの患者の概要

報告されている患者の概要

合計  
47
性別 男性
23
  女性
24
年代 40代
1
  50代
5
  60代
11
  70代
9
  80代
13
  90代
3
  不明
5
死亡例  
19

(2005年からの統計です。2013年に入ってからは36例が報告されています。)

 

■SFTSに感染しないためには、マダニに刺されないことが一番の対策です。
こちらをご参考の上、犬の散歩などの際には十分ご注意ください。

ノミ・マダニ対策・犬フィラリア症 定期投与を忘れないために メリアル投薬日お知らせサービスノミ・マダニ対策・犬フィラリア症 定期投与を忘れないために メリアル投薬日お知らせサービス

アニマルシェルターセミナー第7弾のご案内2013.11.19 17:00

セーブペットプロジェクトの運営母体、メリアル・ジャパンが2011年の初回より協賛してきた「アニマルシェルターセミナー」も、
早いもので第7弾になりました。


今回は「災害を越えて~法改正と今後の対応~」と題し、シェルター関連の講義に加えて本年改正された動物愛護管理法のポイントについてもレクチャーが行われます。こちらの講義の講師は環境省の大蔵氏がつとめます。

お申し込み、お問い合わせは公益社団法人 日本動物福祉協会までご連絡ください。


ご案内のPDFはこちら

ノミ・マダニ対策・犬フィラリア症 定期投与を忘れないために メリアル投薬日お知らせサービスノミ・マダニ対策・犬フィラリア症 定期投与を忘れないために メリアル投薬日お知らせサービス

フロントライン・セーブペットプロジェクトで新しい幸せを。2013.11.14 12:00

「フロントライン プラスで新しい家族にめぐり逢ったワンちゃん・ネコちゃん特集」を更新しました!


「セーブペットプロジェクト」では、フロントラインの売上の一部を寄付して、新しい家族を探す犬や猫の医療チェック費用をサポートしています。
⇒寄付の仕組みについてはこちら


第11回目にご紹介するのは、佐々木家の猫「あすか」と「ゆめ」親子です。

保健所に収容された野良のあすか、そのあすかが殺処分寸前に産んだ3頭の子のうち引き取り手のなかった最後の1頭がゆめ。
一時預かりの猫や先住犬もいて大変にぎやかな様子の佐々木家は殺処分問題にもとても関心をお持ちでした。さらに詳しいエピソードはこちらからご覧ください。

そっくり親子のあすかとゆめ!サイトのチェックをしているとき同じ写真が2枚掲載されているのかと思いました(笑)

エピソード 第11回 あすかとゆめ

ノミ・マダニ対策・犬フィラリア症 定期投与を忘れないために メリアル投薬日お知らせサービスノミ・マダニ対策・犬フィラリア症 定期投与を忘れないために メリアル投薬日お知らせサービス

ペットとの共生推進協議会シンポジウムのご案内2013.11.08 12:00

9月に行われたHappy Music Festaが主催しているシンポジウムのご案内です。

「ペットとの"真の共生"を目指して ~人と動物の福祉を推進する~」をテーマに、
著名な講師陣による、業界最大規模のシンポジウムが11月30日に東京・有楽町で開催されます。

講演内容は、ペットとのふれあいにより分泌される「幸せホルモン」オキシトシン、介助犬が障がい者や社会に与える影響、動物飼育が子どもの成長に与える効果など、多岐に渡っており、ペットを飼っている方はもちろん、飼っていない方にも興味を持っていただける内容となっています。

講演内容など詳しくはこちらからご覧ください。(ペットとの共生推進協議会のサイトが開きます)

開催概要は以下の通りです。

◆名 称: 第2回「ペットとの共生推進協議会シンポジウム」
◆日 時: 2013年11月30日(土) 10:00~17:00
◆会 場: 東商ホール(東京・有楽町)
◆定 員: 600名
◆参加費: 無料
◆申込み: 下記申込フォームから事前申込み
http://www.pet-kyousei.jp/
◆主 催: ペットとの共生推進協議会
◆後 援: 環境省


大きな地図で見る

ノミ・マダニ対策・犬フィラリア症 定期投与を忘れないために メリアル投薬日お知らせサービスノミ・マダニ対策・犬フィラリア症 定期投与を忘れないために メリアル投薬日お知らせサービス

「セーブペットプロジェクト」で新しい幸せを手に入れたネコちゃんをご紹介!2013.11.07 17:00

「フロントライン プラスで新しい家族にめぐり逢ったワンちゃん・ネコちゃん特集」を更新しました!


「セーブペットプロジェクト」では、フロントラインの売上の一部を寄付して、新しい家族を探す犬や猫の医療チェック費用をサポートしています。
⇒寄付の仕組みについてはこちら


今回ご紹介するのは、横浜市に暮らすぽっか。保護団体に救助された当時は、寄生虫や猫風邪のせいで、獣医さんから「もう無理かも...」と言われるほど衰弱していました。それでも、懸命な治療のおかげで快復し、無事に新しい家族にめぐり逢うことができました。
ぽっかの治療費にも、「セーブペットプロジェクト」からの寄付金が役立てられていたんですよ。


エピソード 第10回 ぽっか


merial_1310_pokka01.jpg


佐藤さんのお宅には、もともと先住犬の福ちゃんがいましたが、やんちゃな性格のぽっかは、やってきたその日からすぐにご家族になじんだそう。福ちゃんが優しいのをいいことに、ちょっかいを出したり傍を走り回ったりと、天真爛漫に過ごしています。


2頭の毎日の楽しみは、大好物のチキン(茹でたささみ)を食べられる「チキンタイム」!
おいしそうにチキンを頬張る2頭を見ていると、ご家族みんな、幸せな気分になるそうです。


merial_1310_pokka02.jpg


ご家族の愛情が伝わってくるエピソードです。ぜひご覧くださいね!
そして、次回の更新もどうぞお楽しみに♪

ノミ・マダニ対策・犬フィラリア症 定期投与を忘れないために メリアル投薬日お知らせサービスノミ・マダニ対策・犬フィラリア症 定期投与を忘れないために メリアル投薬日お知らせサービス
トップページへ
検索
カテゴリ
購読
最近のブログ記事
月別アーカイブ
  • ノミ・マダニ対策・犬フィラリア症 定期投与を忘れないために メリアル投薬日お知らせサービス
  • 最寄りの病院へ 動物病院検索
  • TVCM
  • フロントライ ン カルドメックへのお問い合わせは 0120-499-419
  • 飼い主のいない動物たちへの、愛情の証です。セーブペットプロジェクト
  • ノミ・マダニ対策・犬フィラリア症 定期投与を忘れないために メリアル投薬日お知らせサービス
  • 最寄りの病院へ 動物病院検索
  • TVCM
  • フロントライン カルドメックへのお問い 合わせは 0120-499-419お電話の前にFAQを見る